断然前撮りがおススメ、七五三の写真。七五三の前撮りをするメリット3つ。

お宮参り40.3%<七五三75.0%:家族写真で最も重要視される七五三。
そんなイベントだから、七五三の写真は断然前撮りをおススメしたい。

 

なぜって、子どもに負担が掛からないので、子どもも親も楽チン!

 

ゴールデンウィーク真っ只中の5月3日、今年3歳になる子どもの七五三の写真を撮ってきました。

七五三って11月中旬が本番の行事なのに、半年以上前に前撮りってどうなの?
と思いましたが・・・

11月本番はしっかりご祈祷してもらおう!と心構えが出来たので、七五三の前撮りして良かったです。

 

そこで今日は、「七五三とその行事にまつわる疑問」について説明したいと思います。
七五三の前撮りについて考えている方の参考になれば幸いです。

 

2015年、ネットエイジア(株)が発表した「写真館・フォトスタジオに関する調査」によると、子どもの写真を写真館で利用するシーンの堂々一位に七五三が挙げられています。

 

1位:七五三・・・40.3%

2位:お宮参り・・・29.3%

3位:百日祝い・・・28.4%

 

七五三で写真館を利用する人って、実はお宮参りの1.5倍近くになるんですね・・・
そして写真側からしてみると、繁忙期となる一大イベントになるんですね・・・
って、わたしは去年の秋に、お宮参りをした神社から七五三の案内が来るまでは、七五三について全く考えてもいなかったんですけれどね・・・
(七五三のお祝に満年齢と数え年齢があることを知らず、「え?!2歳なのに七五三!?!」と、慌てて七五三と言う行事について調べました・・・恥)

 

ワーママで不器用、そして普段バタバタしてばかりで季節行事をお祝いする余裕なんてない中、せめて成長の節目となる七五三だけは・・・と、ちゃっかり七五三で写真館を利用する約41%の人たちに加わってきました。

 

結論から言うと、子どもも親も、(そして写真屋さんも?)精神的、時間的余裕があるので、リラックスして楽しむことが出来ました。

七五三の前撮りして本当に良かったです。
・・・とは言うものの、こんなわたしなので、

✔ そもそも七五三って何?どんな行事で何をするの?

✔ 七五三の前撮りって必要?前撮りするならいつが良いの?

✔ 子どもの服装は?親も一緒に映るの?親の服装は?

✔ 費用ってどれくらい?
など、当日を迎えるまでわからない疑問がたくさんありすぎました・・・(^^;

 

そもそも七五三ってどんな行事なの?どんなことをするの?

 

「七五三」って言葉は聞いたことがあるものの、
実際どんな行事なのか、

11月は気候も比較的穏やかなので、何をするにももってこいですね。

 

七五三の前撮りって必要?七五三の前撮りをするメリット3つ

 

今回わたしが七五三の前撮りをした中で、感じたメリットが3つ。
(詳細に分けるともっとありますが)

✔ 融通が利く
これには3つの融通があります。

・時間的融通
七五三の前撮りの一番大きなメリットはこれです。
その時間、約1時間~2時間。

七五三当日をシミュレーションしてみた場合・・・
 

時間 スケジュール
9:00 七五三写真撮影
10:30 神社にお参り
12:00 食事

しかも当日は同年代の子どもたちが一斉に神社に集まるので、思うようにスケジュールが進行しない可能性が大。
そしておそらくは、「午前中にお参りをして、昼食をとって・・・」
そんな中で、決められた時間内に

七五三の前撮りに要する時間は、1時間から2時間。

・精神的融通
慣れない衣装で、子どもが疲れて不機嫌になったり、ぐずることが少なく、自然な表情で撮影に臨める
(多少グズリ等があったとしても、親にも精神的な余裕があるので、何とかできそう)

・環境的融通
早期割引や特典等を用意しているところもある
時期的に七五三の写真を撮る家族が少ないので、衣装も選びたい・迷いたい放題、且つ丁寧に撮ってもらえる(感じがする)
子どもや親の体調不良等にもある程度の対応が可能
・(女の子の場合)日焼けする前の撮影が出来る

✔ 余裕が持てる

✔ 感謝の気持ちが大きくなる
これは個人的な感想ですが、11月の本番までに七五三の前撮り写真が出来上がるので、
七五三と言う行事の理解と子どもの成長をしっかりと感じることが出来、
バタバタすることなく、当日は「ここまで成長させてくださり、ありがとうございます。」
と、感謝することが出来そうだと感じています。

 

七五三の前撮りをするなら、いつがおすすめ?

 

わたしはゴールデンウィークまっただ中の5月3日でした。
なぜゴールデンウィークかと言うと、理由は至ってシンプル。

「七五三って、せっかくの成長写真だから、みんなで写真を撮りたい」

こう思ったのがきっかけだからです。
私たちの場合、

1.両家の両親が集まり易い
(夫の両親が沖縄、わたしの両親が兵庫、わたしたちが住んでいるのが大阪、とそれぞれ離れ離れで生活していること。
わたしたち夫婦も、夫の両親も働いていることから、みんなのスケジュール調整がし易いことを考慮)

2.子どもが体調不良になる、日焼けをする前
(6月の梅雨の季節だと体調を崩しやすく、7月や8月の夏休みになると、園外保育で日焼けしてしまう可能性があるため)

3.写真館が比較的空いている
(当日、七五三の前撮りをしている人たちは全くおらず・・・強いて言うなら、写真館に居た人も、わたしたちだけ・・・
と言う、ほぼ貸し切り状態。
これが10月等気候が落ち着いてくる頃になると、前撮りの駆け込みラッシュで混み合う可能性大)

大手写真館だと、ゴールデンウィークの連休明けから、
新しい衣装が入荷されたりもしているそうなので、総体的なことを考えると、
個人的には、早ければ5月中旬から6月上旬ころをおすすめします。

 

子どもの服装は?親も一緒に映るの?親の服装は?

 

七五三の前撮り費用ってどれくらい?

 

わたしが七五三の前撮りで要した費用は、約3.5万円です。
その内訳は、以下の通り。

✔ 衣装(何点でもOK)▶子どもの負担を考えて和装1点のみ
✔ 着付け・ヘアメイク
✔ 撮影(子ども+両親+実・義両親)
✔ 6枚入り写真集
✔ 近くの神社でのお出かけ撮影
✔ 写真集のデータ(6カット)

実際、上にもある「写真館・フォトスタジオに関する調査」にある
「七五三で写真館を利用したとき、どのくらいの料金がかかったか」と言う項目に関しては、平均額にして、28,505円。

内訳で最も多い金額は以下の通りとなっています。

1位:1万円~1.5万円・・・14.7%
2位:5万円・・・11.6%
3位:2.5万円・・・11.5%

ちなみに、10万円以上掛ける人も0.9%・・・と中々の猛者もいます。

「子どもの成長を記録する大事な家族写真」と考えると、2.3万円と言うのは妥当な金額でしょうか。







記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^