「もうご飯作りたくない」共働きで子どもが居るけど、料理が苦手・・・

もう、ご飯作りたくない。
共働きでバタバタ。料理が苦手なのに、毎日夕食作り・・・

 

こんばんは!LEIです。

料理が苦手なわたしですが、今日も頑張ってテキパキと(?)ご飯を作りました。

 

 

苦手な分時間は掛かるし、レパートリー少ないから子どもに「また?」って言われることなんてしょっちゅう(好き嫌いが激しいうちの子は、作っても食べてくれない悲しい現実)

 

出来ることなら、もうご飯なんて作りたくない。

でも、クックパッド片手に毎日頑張って作ってました。

 

毎日、仕事あとにこの現実って疲れませんか(わたしだけ?)

買い物に行って、下ごしらえをして、調理して、食べて(食べさせて)、後片付け・・・

 

こうしている間にも、自分の自由時間が減っていく(募るイライラ)

 

そんなわたしでしたが、最近ようやく克服する方法を見つけました・・・

今日はこの「もうご飯作りたくない」状況をわたしがどうやって抜け出したか、お伝えします。

 

 

こうすれば段取り良く料理が出来る!
わたしが試した3つの方法。

ワーママであるわたしにとって、「夕食を作る」と言うのは「食事をする」ことに付随する手段。

そもそもの目的は(日中離れてるぶん)「食事中に子どもとの大事なコミュニケーションをとること」。

 

「今日保育園でどんなことしたの?」って、子どもも保育園で頑張ってる分、出来ればイライラせずに楽しい時間を過ごしたいじゃないですか。

だから、手早く、食事の準備が出来て食べられたら、それで良い(それでいて栄養バランスが取れたら尚よし!)んです。

 

その為に、手早く料理をつくれるようになろう!と、本屋に入っていろいろな料理本を手に取り、「この方法、あんまり時間掛からない。簡単でいいな」と思うことを片っ端から試してみました。

例えば、

 

1.調理器具を使わないでも出来る料理のレパートリーを増やす。
(冷凍したホウレンソウを使って、ホウレンソウのお浸し・・・とか。もやしのポン酢和え・・・とか、ごはんを味付けした即席焼きおにぎりとか)

 

2.週末に「今週使いそうかな」と思う料理をまとめて下ごしらえだけをしておく。
(野菜を千切りにしたり、短冊切りにしたりして、冷凍庫にまとめて入れておく)

 

3.通勤中、クックパッドで「時短レシピ」を検索して、帰宅中の電車の中でほぼ暗記。
(朝出るときに、冷蔵庫に何があるのか、事前にチェック)

 

何もする気が起きないときの究極飯は、白米にざく切り野菜の具沢山お味噌汁と焼き魚!(頻回すぎて飽きて来る)

・・・確かに。確かに、「その日」にかける料理時間はかなり短縮できました。

 

でも、すぐ出来る料理の割に冷蔵庫には食材がなかったり、週末の貴重な時間を下ごしらえに費やしたり、仕事終わりのオフモードだと中々レシピを覚えられなかったり・・・

 

毎日ってなると、なかなか厳しくて、結局3週間も経たずに挫折・・・(^^;

結局、時間短縮は出来るかもしれないけど、自分に掛かる負担は、あんまり大差ないと気づきました(ダメな母親)。

 

 

ちなみに、(株)トレンダーズが行った「料理に関する実態調査」では、夕食づくりに掛かる平均時間はおよそ1時間となっています。

 

・・・いや、昼間仕事頑張ってるんだから、夜そんなに頑張って食事作らなくても良くない?

 

保育園終わりの子どもと、仕事終わりのわたし。
貴重な1日のうち、一緒に過ごす時間が減っていく・・・

少ない時間を有効に使うため、食事時間を楽しみたいのに、苦行としか思えない。

 

 

共働き子どもあり家庭。もうご飯作るのが、正直無理なんです・・・

そもそも、料理って毎日しないといけないの?

こんな「料理したくない」と思ってしまうわたしは、母親失格なんだろうか。

世のワーママたちは、仕事終わりに料理をすることについて、どんなふうに考えてるんだろう・・・と、疑問に思うわたしです。

気になっていろいろ調べてみました。

 

ちょっとここから、女性と料理に関する統計的な話。

 

(株)マクロミルが2010年に発表した「料理と夫婦関係に関する調査」を見てみます。

【あなたは料理が得意ですか、苦手ですか】

・得意・・・56%
・苦手・・・44%

と言う、女性の2人に1人は「料理が苦手」と言うデータがあります(特に30代女性は苦手と言う人が54.3%と半数以上)

意外・・・女性の半数は料理が苦手!!!
いや、なんだかほっと、安心を覚える数字で、ありがとうございます。

ただ、引き続き同統計を見ていると、意外な事実が・・・

 

【夕食を料理する頻度】

と言う項目については、週5日以上料理をする人をみてみると、

・全体:92.1%
・共働き:87.0%
・子どもあり:95.4%

共働きで子供が合って週5日以上料理をする人って、・・・結構多いんですね(反省)

※(株)マクロミル「料理と夫婦関係に関する調査」より引用

 

 

ちなみに、同統計によると、料理する項目の上位は、「炒め物」がダントツで76.4%、次いで煮物70.9%、カレー70.5%(笑)となっていました。

 

 

わたしが「もうご飯を作りたくない」と思う、料理に関する悩み・・・

 

献立アプリを開発している会社(株)ミーニューのアンケート調査を見ると以下の様な項目があります。

【あなたの料理に関する悩みは何ですか?】

 

1.献立を考えるのが面倒・・・63.8%

2.毎日何を作るかを迷う・・・62.4%

3.レパートリーが少ない・・・56.4%

4.料理が手間・・・25.1%

5.食費がかかる・・・21.3%

 

ちなみに、わたしの料理に関する悩みは上の5項目のうち、全部・・・(最低)。

そんなに嫌なら、スーパーのお惣菜でも買ってくればいいじゃん!と言う話なんですが、「お腹が満たされればいい」というわけでもない(お惣菜って何気に高いから、食費嵩むし)。

 

わたしたちの身体は、わたしたちが口にしたもので出来ているので、「身体に摂り入れる」と言うことでは、それなりに気を使ってしまうんです。

 

出来るだけ、余計な添加物が入っていないもので、手作りであたたかくて、栄養バランスがきちんと考えてあるもので・・・

 

「なんちゅうワガママ!」と思うんですけど、このあたりについては、育ち盛りの子どもが居る分、どうしても考えてしまうんです。

 

 

「ご飯作りたくない」もう悩まないために・・・わたしがやったこと。

よくよく考えた結果、わたしの料理に対する悩みというのは、「ご飯作りに費やす時間や労力を他にことに使いたい」・・・と言うことに、改めて気付きました。

 

つまり、買い物に行く時間、下ごしらえをする時間、煮込んだり・焼いたり・蒸したりの味付けをする時間、ゴミの処理をする時間、調味料を計量する時間など、「料理」に関わる時間を極力減らして、栄養バランスの良いご飯を作りたい。

そして出来た自由時間で、もっとゆったりとした家族の時間を増やしたいと言うもの。

・・・ワガママなのは十分承知。

 

 

でも、そんなワガママを叶えてくれる便利なアイテムが世の中にはあることを知ったんです。

 

 

それが、約20分で2品の夕食が出来上がると言うoisixの【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】


↑ビビンバと豆腐スープ、大人2.3人分の食材(必要な野菜と調味料)が既に準備されているので、後はちょこちょこ切って炒めて・・・終わり。

 

買い物に行く必要なし、レシピも考える必要なし、ムダにゴミがでることもなし、なにより調理・調味がとにかく楽!!!

 

それでいて使用される野菜は毎回厳選された最良のものを最良の状態で仕入れ調味料は化学調味料の使用を最低限まで抑えてあると言うもの。

そして肝心のレシピは、栄養士が監修した栄養バランスがきちんと考えられている。

 

・・・自分で献立考えて作るよりもよっぽど都合が良い(失笑)

もう、文句ありません。

 

 

ありがたいことに、kit oisixを利用するようになってから、「ご飯作りたくない」と思うことはほとんどなくなりました。

 

 

 

そんな昨日は、夕食を食べた後、子どもと一緒にゆっくりと絵本タイム。

料理を作る時間・手間、使う調理器具が減った分、子どもと一緒にこうやって過ごせる時間があることで、「明日も仕事がんばろう!」と思えます。

 

 

絵本を読みながらふと、kit oisixを使っていなかったら、こんなのんびり絵本なんて・・・?どうなってたんだろ・・・と想像することもあります。

 

料理に嫌悪感しかなかったわたしですが、kit oisixを使うことで、「もう料理したくない!」と言うことがなくなりました(ありがたいです、ほんと)。

 

「料理が苦手・・・」「ご飯作りたくない!」と、思っている方は、一度kit oisixの「お試しセット」を購入してみることをおススメします。

 

今だけ食材セットと野菜の入ったセット(4,000円相当)が、\1,980でお試し可能です。

>>>【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】を試してみる







記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^