目標は家族で関西から沖縄へマイル旅行すること!マイルの貯め方初心者だからわかる、マイルの貯め方の抜け穴。

子連れ旅行って・・・お金がかかる!(涙)少しでも旅費を節約したい!

 

こんにちは、LEIです。

今日も、夏休み旅行企画(?)と言うことで、旅費に関する話をしたいと思います。

今回は、「お金」つまり旅費の話。

 

子連れ旅行って、何かと入用ですよね(^^;

我が家では、義両親の子どもに対するじじ・ばばの猛烈且つ頻繁な「帰っておいで」コールに応えるため、(なんなら、孫を置いてお前たちだけ関西に戻れとか)最低年1回は、関西↔沖縄を飛行機で行き来します。

・・・大事な夫の大事な両親、大事にしないといけません。

 

でもですね、でもですね。

やっぱり要るものは要るもので、お金が飛ぶように飛んでいくんですよね(涙)
本当に、吹っ飛んでいくんですよね。

 

しかも帰省するのは、たいていお盆や年末年始、まとまった連休のオンシーズンなので、料金が高い高い。
航空券大人2人分、そして子どもが3歳になったので、これからは2.5人分・・・

orz

 

LCCで移動すれば?と思われるかもしれません・・・確かに、出産するまでは、LCCで関西と沖縄を行き来していました。

でも、LCCのあの広さ、あのサービス内容で、2時間半、子どもを膝に乗せたまま・・・と言う状況は、わたしには辛すぎるんです・・・(涙)

ごめんなさい。勘弁してください。

 

そして、夫も「子連れLCCで沖縄に帰るのは・・・キツイ」と言うので、我が家はもっぱらANAを利用しています。

預けられる荷物数、なかなか面倒な移動。
万が一搭乗時刻に遅れた場合のことを考えると・・・

 

LCC<ANA

 

ANAに軍配が上がります。
(子どもが大きくなってきてるので、これからは場合によってはLCCを利用するかもしれません・・・が)

その為、少しでも飛行機代を浮かしたい・・・と言うことで、我が家ではコツコツとマイルを貯めています。

 

みなさん「マイル」って貯めてますか?

我が家の目標は、1年に1回、家族3人マイルで関西↔沖縄を行き来すること!(マイルで旅費を浮かせること)
(ただマイルはシーズンや場所によって、マイルが使えない場合があるので要注意ですが・・・)

 

マイルを貯めて、お得に沖縄まで帰省しよう」と思い実現するまでには、数々の失敗をしでかしてきましたが、そんなこんなでようやく、今年は大人一人、関西から沖縄までマイルで帰省する夢が実現できそうです^^

 

 

そもそも大阪から沖縄までの距離を往復すると旅費はどれくらい?
伊丹から沖縄までの概算旅費シミュレーション。

マイルを利用せず、通常通り伊丹空港から沖縄まで、仮に7月の3連休を利用して移動したと仮定。
さて、その金額はと言うと・・・

 

【7月15日】
大阪(神戸)▶沖縄(那覇)
13:45-15:45
ANA3725

25,700円/人

【7月17日】
沖縄(那覇)▶大阪(伊丹)
11:10-13:10
ANA764

31,200円/人

そして小児運賃が、20,400円

 

(25,700円+31,200)×2+20,400×2=154,600。
合計金額として154,600円が必要となります。
(ホテルパック等を利用したとしても、ホテル料金は安くなりますが、航空券は安くならないので(^^;)

 

たかが15万円。されど15万円。・・・15万円。

 

・・・もう、ふつうのサラリーマン共働き家庭の我が家にしてみれば、目玉が飛び出そうなほど高額なんです。

しかもこれが1年に1度、もはや固定費。

あなどれません。

 

 

関西から沖縄まで必要なマイル数はどれくらい?
シーズンによって違うの?ANAマイレージで換算してみる。

 

日々の努力でマイルを貯めると、シーズンによって異なりますが大人ひとり片道6,000~9,000マイル必要になります。つまり往復で12,000マイル~18,000マイル。

これだけマイルをためたら、年間15万円が浮く。

・・・日々の生活に+α、手を加えるだけで15万円も浮くなら貯めますよね、マイル。

我が家では、マイルはお金と同様に扱われています。

もはや通貨レベル。
貯金するなら、円預金、外貨預金、マイル預金

 

 

そもそもマイルってなに?マイルの成り立ちを知れば、マイルに抜け穴があることに気付く。マイルの貯め方初心者は、この抜け穴に目を付けるべし。

そもそもマイル、別名マイレージとは一言で言うなら、「飛行機に乗ったり、航空会社のクレジットカードを利用して貯めるポイントのようなもの」です。

言い換えると(言い方は悪いですが)顧客の囲い込みサービス
「いろいろサービスするから、うちの航空会社ひいきに使ってね」と言うもの。

 

世界で初めてマイレージサービスを導入したのは、アメリカン航空です。

1970年代の航空自由化対策により、業績の低迷を改善するための窮余の一策として投じられました。
「たくさん搭乗してくれるお客様」を優遇致しますと言う意気込みを発表したんですね。

 

だからマイルは、

✔ 飛行機を利用した回数が多いお客様
✔ 飛行機に乗って移動した距離が多いお客様

が優遇されるシステムになっています。

・・・でもちょっと?なシステム。

 

何が言いたいかというと、例えば関空からNYまで1回約200万円(!)のファーストクラスを利用するより、1回約15万円のエコノミーで5回、関空からNYまで行く方が「航空会社にとっては上顧客」になるんです。

沢山飛行機を利用してくれてありがとう。

 

さらに、言うなら、関西からホノルルまでビジネスクラスを利用するより、関西からNYまでエコノミーで行く方が「航空会社にとっては上顧客」になります。

長時間飛行機を利用してくれてありがとう。

 

・・・ふつう、企業っていうのは「お金をたくさん使ってくれた人」を優遇するはずなんですけどね?
しかも、日本に導入されたのがH9年と本当に、つい最近。

 

だから実はマイルの貯め方は、抜け穴だらけ(^^;

 

その「抜け穴」を上手く利用すれば、飛行機に頻繁に乗らなきゃいけない出張族じゃなくても、ANAマイルのクレジットカードで毎月何十万円も決済をしなくても、確実にマイルは貯まるんです。

 

 

飛行機に乗らずにマイルを貯める。マイルの貯め方初心者による、マイルの貯め方初心者のための、マイルの初心者的貯め方。

飛行機に乗らないで、マイルを貯めるひとたちを、陸マイラー(オカマイラー)と言うそうです。

陸マイラー上級者になると、年間30万マイルも貯めて、そのマイルでビジネスクラスでハワイまで旅行するとか・・・いやはや、本当にすごい(^^;

 

我が家はそこまで行かずとも、頑張って年間5万マイル貯めて、せめて夫婦2人の関西↔沖縄の旅費を浮かせたい

 

 

 

どうやって貯めるの?我が家のマイルの貯め方を紹介します。

 

3度目の正直。失敗に失敗を重ねて、ようやくたどり着いた「誰でも簡単にできるマイルの貯め方」

元々は、夫が「ANAカード」を持っていたので、地道にコツコツとマイルを貯めていました。

「次の帰省にはどれくらいマイル溜まってるかなー?」なんて、軽い気持ちで。
・・・が、夫は出張族でもない、ふつうのサラリーマン。

ANAカードは「たまにクレジットカード機能を使う」程度、つまりマイルなんてそうそう貯まるわけがない。

でも、「貯め続けたらいつかは貯まる」と信じて疑いませんでした。

 

・・・いやいや待って。マイルは3年使わないと失効するから。
そしてそんなに呑気に貯めてても、クレジット決済だけじゃ、ふつうのサラリーマン家計の年収では貯められないから。

 

・・・これが第一の失敗。

続く第二の失敗は、もう少し特典がついてクレジット決済のマイル還元率を高めたもの。

 

✔ 空港のラウンジサービスが利用できる
✔ 他のクレジットカードよりもマイル還元率が高い

 

この2つの理由で、楽天のプレミアムカード+プライオリティパスを申し込みました。

 

・・・でも、結局「プライオリティパス」使って航空ラウンジを使用したのは、1回だけ。
(プライオリティパスって、本人以外は利用できないんですよね。
家族分は別途、ラウンジ使用料が掛かってくる・・・)

 

確かにわたし、よく楽天で買い物をします。
ポイント5倍!とか嬉しい限りです。
・・・でも、ワーママでバタバタしてるわたしが、「ポイント〇倍」の日にうまく買い物なんてできるわけがない。
(そもそもそんなタイミングで、欲しい商品があるわけでもない)
これが第一の誤算。

そして第二の誤算、還元率でみると0.5(楽天ポイント2ポイント=ANA1マイル)
決して還元率としては良くないんですよね。

マイルに交換する他、同じ楽天市場でポイントとして使う形もありますが。

クレジットカードに詳しい友人に「楽天のプレミアムカード良いよ!」と教えてもらいましたが、
2年半使っていて、あまりメリットは感じられていませんでした(^^;

年会費10,800円もじわじわと痛い・・・
(利用してる方がいたら、ごめんなさい。これはあくまで我が家の場合)

結局、楽天プレミアムカードを保有して2年半になりますが、そろそろさよならするときかな?と思っています(年会費も高いし・・・)

 

ポイントサイト経由で買い物、レンタカー予約、食事・・・
ポイントサイトをカシコクつかう。

ANAカードに始まり、
その後の2年間、プライオリティパスが欲しくて、楽天プレミアムカードを使ったり、
いろいろ試しましたが、結局は「大人1人もマイルで関西↔沖縄を移動できない」結果に終わりました。
惨敗。

そんななかなかの失敗談ばかりでしたが、去年からぽつぽつと試行的にやり始めた方法が、
今、我が家で主流となりつつあります。

デメリットは、「いますぐ貯まって、いますぐ使える」と言うのではなく、
「計画的に貯めて、計画的に使う」ことになるので、数か月ほど時間が掛かります。

ポイントサイトで貯まったポイントは、すぐにANAマイルに還元しない。
ポイントは、3つのステップを踏むこと。

日常生活でクレジットカードを利用するだけでは、事足りています。
世帯年収では、クレジットカード利用枠を超えることはできませんし、

だから、「日常生活にプラスα」でポイントサイトを経由することにしています。

ただ単に楽天から買い物をするのではなくて、
楽天で買い物をする前に、ポイントサイトにログイン⇒楽天サイトで買い物・・・という風に。

こうすると、ポイントサイトにもポイント(のちにマイルになるもの)がつきますし、
楽天ポイントも貯まる、ポイントが二回美味しくなるという特典がつきます。

いろいろと調べた結果、ANAマイルに最も還元率が良いのは、
東京メトロ
わたしは大阪在住なので、東京メトロとは全く縁がありません(^^;
でも、このソラチカカードは還元率が良いので、保有しています。
(特に何を使うでもなく、ただ、保有しているだけ)

1.ポイントタウン⇒PEX⇒ソラチカ⇒ANAマイル
⇒1倍⇒0.9倍
2.ハピタス⇒どっとマネー⇒ソラチカ⇒ANAマイル
⇒1倍⇒0.9倍

ポイントタウンからそのままANAマイルに以降した場合、

3.エクストリームカード⇒Gポイント⇒ソラチカ⇒ANA
1.5倍⇒1倍⇒0.9倍
ジャックスインターコム⇒Gpoinnto

と言っても、まだまだマイル取得方法に関しては初心者なので、
これからもっと精進していきます。

・・・マイルの効率的な貯め方、使い方、まだまだ勉強中です。







記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^