妊婦だけど煙草を吸いたい!元喫煙者のわたしが、禁煙に成功したたった1つの方法

ダメだってわかってる。でも・・・妊婦だけど煙草を吸いたい!

 

当然のことながら、世間の目は冷たい(失笑)
誰かに相談しようものなら、「最低の母親」とレッテルを張られる可能性も。

・・・でもね、(わたしもそうでしたが)意外と多いんです。
「妊婦だけど煙草が吸いたい」って悩む人。

 

神戸市にある産婦人科医院と神戸市看護大学が共同で行った調査によると、(その産婦人科医院で出産した955人にアンケートを実施し、885人が回答)妊娠判明時に妊婦の23%(201人)が喫煙していたと言う調査があります。

全国的な調査ではなく、神戸市にある1つの産婦人科限定の調査ですが、同じように悩む人、結構居るんだなあと・・・

 

あの「ぷっぱ」と煙を吸くときの清々しさとほろ苦さ、そしてイライラが治まるのが精神安定剤になってるんですよね。
・・・ダメだってわかってるんですけどね。

 

わたしは、毎日喫煙するでもヘビースモーカーでもなく、ストレスが溜まったりイライラしたりするとタバコを吸うと言う、中途半端な喫煙者だったので、その中途半端さゆえにずるずると、タバコがやめられなかったんです。

 

妊娠中は、思うように身体が動かないストレスと仕事に対する焦燥感から、無性に煙草が吸いたくなる時期がありました。

 

 

妊婦だって煙草を吸いたいときくらいある。
そんな簡単に煙草が止められたら、とっくの昔に止めてるって話!

禁煙と妊婦のWの辛さ、この辛さ、経験した人にしかわからない。

妊婦だけど煙草が吸いたい。
いやむしろ、妊婦だから?煙草が吸いたい。

 

妊婦vsタバコ・・・あぁ煙草。たばこ。タバコ。TABACCO。

 

「妊娠中に煙草を吸うなんて、母親として最低!」

 

・・・しつこいな。

そんなこと言われなくても、わかっとるっちゅーの。
わかっとるから、こうやって悩むんやろ!

 

 

 

 

 

赤ちゃんのためを思って根性でやめました!
・・・って言えたら、ものすごい恰好良いんですけどね。

そんな根性あったら、妊娠前にとっくに禁煙しとるっちゅーねん。

 

仕事のストレスもあったんでね。
中途半端に止められんの。

 

すんませんね、こんなんが母親で。

・・・って罪悪感で余計にタバコを欲してしまう悪循環。

妊婦なのに喫煙?最低!ってそうじゃない。

禁煙外来行ったら?アドバイスもらえるよ!ってそうじゃない。

ちゃうねん。ちゃうねん。ちゃうねん!

 

「妊娠中に喫煙すること」が良くないっていうのは、周知の事実として知っている。
でも、どうやって禁煙したらいいのかがわからない、どうしても煙草に手が行く自分に嫌気がさす。

・・・イライラする。

自分の力でなんとか禁煙したい。

 

 

この気持ちは痛い程わかります。

わたしも、いろいろやりました。

 

✔ 部屋に「わたしは妊婦!お腹に赤ちゃんがいる!」って紙に書いて貼ってみたり(夫にうざがられるだけ)

✔ タバコが吸いたくなったら、ひたすら腕立てとスクワットで気を紛らわせる(体調と相談)

✔ 枕に顔をうずめて「たーばーこーがーすーいーたーいー!」と叫ぶ(ストレス発散で効果あり)

✔ 「禁煙セラピー」を読んでみたり(周りの目を気にして買わない時点でアウト)

 

でもね、こんなわたしでも、なんとかかんとか吸いたい気持ちを抑えられて、禁煙に成功しました。
あなたにもきっとできると思いますよ(当然のことながら、妊婦検診の時には、先生に報告・相談・連絡<ホウレンソウ>してくださいね。赤ちゃんの成長具合とか、コト細かくチェックしてくれますから)

 

ちなみに・・・
少し古いデータになりますが、厚生労働省の統計によると、平成14年度の妊娠中の喫煙率10%→平成18年度の妊娠中の喫煙率は7.5%

平成18年度全国統計で、妊娠前喫煙率25.7%→妊娠が分かってからの喫煙率は9.9%と、その数約15%以上減っているんですね。

 

つわりで喫煙できなくなった人もあるでしょうが、妊娠中にしっかり煙草をやめている人がいるのも事実。

 

ここら辺でちょっと頑張ってみませんか?

 

 

妊婦だけど煙草が吸いたい・・・気持ちはわかるが、やっぱり妊婦の喫煙は百害あって一利なし。

そもそもなぜ、煙草が煙たがられるのか・・・
もう、耳にタコの話でしょう。

「赤ちゃんが可哀想だから」

公的機関もしっかりと「妊婦の喫煙の危険性」を発表しています。

日本産婦人科医会は、「飲酒、喫煙と先天異常」と言うレポートの中で、きっぱりと「妊娠中に喫煙が判明した場合は、すぐに禁煙を慣行させる」と言っています。

煙草の煙には、ニコチン、一酸化炭素、シアン化合物、鉛など、有害な化学物質が約4000種類含まれているから。

 

例えば、

✔ ニコチン:血管収縮作用があり、子宮・胎盤に行き届く血液量を減少させる

✔ 一酸化炭素:酸素運搬機能を低下させ、赤ちゃんを低酸素状態にさせる

など。

赤ちゃんに十分な栄養・酸素が届かず、低出生体重児が生まれる可能性が高まります

よく聞く妊娠中の喫煙による奇形(心臓、中枢神経系、腹壁など)については、関連性がないとされていますが、最近、フィンランドなどの海外で、口唇・口蓋裂の発生率が増加すると言う報告もあります)

事実、一般的に母親が喫煙していると、出生時の体重は約200g軽くなり、ヘビースモーカーでは約450g軽くなるとも報告されています。

 

 

これらの異常が非喫煙者の2~3倍にまで増加することもわかっています。
周産期における死亡率も約2倍。

 

そして喫煙によって、赤ちゃんもそうですがママ自身も危険にさらされるんですよね。

流産に早産、前置胎盤に胎盤早期剥離・・・

 

ちなみに煙草の本数は、ダイレクトに関係しています。
日本産婦人科医会のレポートには以下のような報告も・・・

 

妊娠中の喫煙本数と早産率

一日喫煙本数 早産率
非喫煙 6%
5本以上 7%
6~10本 11%
11~20本 13%
21~30本 25%
31本以上 33%

 

妊娠早期に禁煙した場合、出生時体重はほぼ正常で、早産率も低く、禁煙の効果は抜群に期待できると言われています。

そして、当然のことながら妊娠中の喫煙(10本以上)による、生後の発達スコアの低下は免れません。

 

ちなみに、当然授乳中に喫煙していると、その影響は明らかです。

1日4本以上の喫煙をしていると、母乳分泌量は10~20%低下しますし、喫煙をしている母親の母乳には、当然ニコチンが含まれていますから、赤ちゃんはおう吐、下痢、脈拍増加、多動などの症状が現れることも報告されています。

 

・・・でも「こんなに悪影響です!」って言われても、文字だけ並べられても、ピンとこないんですよね。

 

 

では、ここで質問です。

もしあなたが、

 

【この部屋は、約4000種類もの有毒物質が含まれた煙が充満しているため、周りが見えず真っ白です。どうぞお入りください。】

 

と張り紙がしてある部屋があったら・・・入りますか?

 

入らないですよね。
でも・・・これが、毎日あなたの赤ちゃんに起きている状況なんです。

 

 

 

 

何故、煙草を吸いたくなるの?その原因がわかれば解決策は見えてくる。

「なんで煙草を吸いたくなるのか」自分自身の理由、考えたことありますか?

 

 

わたしの場合(ほとんどの人がそうだと思いますが)、煙草を吸ったら、ものすごく落ち着いてリラックスできるんです。

仕事のストレス⇒煙草⇒リラックス(気分転換・落ち着く)⇒仕事がはかどる⇒ニコチン切れ始める⇒・・・と言うエンドレスループ(一番あかんパターン)

 

「あ、また気が付けば吸ってる・・・」

「あー、イライラする!煙草吸いたい・・・」

 

と言う状態でした。

 

つまり、わたしにとって煙草はストレス発散方法の1つの手段

 

 

煙草にはリラックス効果がありますよね。

ニコチン様が脳でドーパミンを分泌させ、リラックスさせる働きをしてくれるから。
そう、ニコチンさまさま。

ニコチン様。

 

 

いや、・・・本当に?
わたしはニコチン様がないとダメなのか。

非喫煙でも、ドーパミンは分泌されているハズ(でなきゃ、煙草ナシに理性を保てるわけがない。)

喫煙で摂取するニコチン様が、わたしの脳内に強制的にドーパミンを分泌してくれて、ハイな状態になっているだけ。

 

であるなら、ニコチン様を摂取せずとも、脳内に自然にドーパミンが分泌されれば、「妊婦だけど煙草が吸いたい」悩みは解決される!

 

じゃあ、自力でドーパミンを出せるようにしよう!

 

・・・どうやって?と思われるでしょうけど、これ自分で出来ます。

 

 

できるんです。

 

 

ドーパミンが分泌されやすい身体をつくれば、禁煙は難しくない。

解決策が出たところで、果たして効果は期待できるのか。

ネットで調べたり、図書館や本屋さんで本を読んで調べたりして、・・・いろいろと試行錯誤しました。

「タバコを吸わない状態を長く続けさせる」

 

 

結論から言うと、脳内に自然とドーパミンが分泌されるようになると、「妊婦だけど煙草を吸いたい」悩みは解決されます。

 

わたしが唯一続けられて、禁煙に成功したのが「タバコを吸いたくなったら葉酸サプリを飲む」こと。

 

実際、国立精神・神経医療研究センター神経研究所の功刀浩部長らが行った最近の研究によると、うつ病患者に「抗うつ剤」と「葉酸サプリ」を投与した際、抗うつ剤の反応が2倍良かったとの報告がされています。

 

「うつ」と「禁煙」関係ないように思われますが、葉酸によってドーパミンの分泌を増やし、脳の働きを正常に保たせると言うのが↑の研究結果。

つまり、葉酸はDNAを合成して細胞分裂を促進するという働きから、脳の働きそのものを正常に保つことで、快感を感じやすくすることが出来るんです。

 

わたしも「んな阿呆な」半信半疑でした。

・・・でもね、不思議なんですが毎日葉酸サプリを持ち歩いて、タバコが吸いたくなると、タバコの代わりに飲むようにしたんです。

 

心身共に負担を掛けない、一番手っ取り早い方法だったんですよね。

 

そうしたら、今まで「妊婦なんだから禁煙しなきゃ!」と肩肘張ってたのが、葉酸サプリを飲むことで「ママに・・・なるんだなあ」としみじみ実感されるようになり、飲み始めて3週間ほどでタバコを吸いたいと思う回数が激減しました(カスタマーサポートセンターに、「煙草が吸いたい愚痴」を聞いてもらったのも大きいかも・・・(^^;))

 

その後は、ご承知のとおり。

 

 

 

今、うちの子は隣の寝室ですやすやと気持ち良さそうに寝息を立てています。
・・・可愛いです(笑)

「元気に生まれてきてくれてありがとう」って毎日、寝顔を見ながら思うんです。

 

でも、ふと「あの時、葉酸サプリで禁煙できていなかったら、今隣で寝てくれてるかな?」と思うことも、やっぱりあるんです。

 

「妊婦だけど煙草が吸いたい!」と悩んでいたわたしでも、葉酸サプリを飲み始めることでその症状を緩和し、最終的に禁煙することが出来ました。

 

「妊婦だけど煙草がやめられない・・・」と悩んでいるママ、まずはタバコの代わりに葉酸サプリを飲んでみませんか。

飲み始めてしばらくすると、何かしら自分の中に変化を感じられますよ。

 

 

>>>わたしが飲んでいた愛され葉酸はコチラ







記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^