くそばばあ@職場の対策。これでムカつく職場のクソババアに終止符。 ババアとはさみは使いよう。

くそばばあ@職場の対策。
ムカつく職場のクソババア問題は、はさみと同じ原理で解決。

LEIです!

職場のクソババアに勝利したどー!

少し前に、「やってもうた・・・人生終わった」と泣きながら夫に伝えていたんですが(職場のクソババアがイヤすぎて人事まで巻き込んで、くそばばあ@職場を怒らせてしまった)・・・

クソババアvsわたしで華麗なるバトル(?)を繰り広げた結果、鮮やかに勝利を飾ることが出来ました!

 

今日はそんなクソババアとわたしの奇策についてお話します。

 

いや、本当にくそばばあ@職場の対策が出来たら強いです・・・どんな職場でもやっていける自信があります。

 

 

恐るべし・・・くそばばあ@職場。

 

今日は言葉遣いが乱雑です。愚痴も混じってます。
読んでて気分を害したらスミマセン・・・

 

 

あなたの職場に居ませんか?
職場のむかつくクソババア。

時短勤務をしている以上、周りに負担を掛けているのは重々承知です。

だから、せめて周りの足を引っ張らないようにと、日々細心の注意を払いながら、仕事をしています。

・・・「いや無理だろ!」と思う内容に対しても、「はい」とだけ。

とにかくどんなに理不尽なことでも、とりあえず一旦はガマン。

 

自分の腹の底に一度溜め、自分の任務外だと感じられるときは、上司と相談して仕事を終わらせます。

 

1.「ありがとう」と言う感謝の言葉と気配り(心配り)

2.時間配分(仕事の采配と優先順位)

3.周りを見ながら仕事をする

 

この3つは常に意識。

社会人として基本的なことですが、時短勤務でもこれは忘れちゃダメです。

毎日がとにかく時間との闘いで、必死に仕事をしてきました・・・・
周りから何を言われても、気にしない(と言うより、周りの声なんて聴いている余裕がなかったと言うのが正しいでしょうか)。

 

 

ところがどっこい、うちの職場には中々やっかいなクソババアが居たんです。

しかもその人は、なんとわたしの隣に座っている人でした・・・
(え?わたし鈍すぎ?)

 

 

その名も妖怪クソババア。
くそばばあ@職場にモノ申・・・せない。

 

わたしの職場は、男女比=5:5くらいなので、男女比的にはつり合いがとれているとは思うのですが、年齢比でみてみると、9割が40代、50代(それ以上)の人たちばかり。

わたしのような30代と言うのは、わたし以外に2人しか居ないんです。

・・・失礼ですけど、40代、50代になると「一人前」としての性格は出来上がってるわけで、それって顔(特に表情)に表れて来るんですよね。

 

「わー・・・幸薄そうなカオ」としか思ってなかったんですが、その妖怪クソババアは、まさに「幸薄顔」それでいて乾燥肌のシワと、ずっとイライラしてるから眉間のシワも多くて、喫煙家なので汚肌。

 

元々、「時短でそれでなくても迷惑なのに」とか「そんな仕事もできないの?」など、いろいろ言われてきたのですが、それは社会人として気をつけるべきことなので、言われても仕方ない・・・としか思っていませんでした。

 

ところが、最近同じチームのEさんが異動してから、その妖怪クソババアはわたし対する態度が豹変しました・・・

「時短でミスするとか、マジ給料泥棒」やら「あんたのミスのおかげで、わたしの貴重な時間が使われた」やら、「時短勤務するくらいなら、仕事辞めろ」・・・と、言われるわ言われるわ。

・・・こんなに言われたら、さすがに凹みませんか。

 

 

職場にいるいる!?クソババアの(わたしの)定義

思い返せば、その妖怪クソババアには「うーん」とうなりたくなるような特徴があるんですね・・・

くそばばあ@職場の特徴

1.あらゆることに否定しかしない

2.自分の仕事は(ミスがあろうと)完璧

3.すべて自分の思い通りにことを進まないと気が済まない

4.とにかく人の仕事に対して愚痴が多い(1と同じ)

5.自分より立場が上の人には媚を、下の人には喧嘩を売る

6.自分はこんな風になりたくないと思わせてくれる

 

この特徴からして、わたしが「職場のクソババア」として定義するならば、「まわりの人を不快にしかさせない」として挙げられると思うのですが・・・どうでしょうか。

なんて、わたしもそろそろおばさんの年齢に差し掛かってるので、偉そうな事は言えないんですけど。

あなたの職場のクソババアは、どんな特徴があるクソババアでしょうか。

 

本当に、人を不快にする天才です。

その妖怪クソババアは、他の部署で問題を起こし現部署に異動させられたこと、そして2年で新人を6人も辞めさせたと言う伝説があることが分かりました・・・

 

先日も「こんなこともできないとか、どれだけ役立たず?」と言われ、さすがにわたしも(いけないとわかりつつ)耐えきれなくなり、職場で泣いてしまいました。

そして、わたしの中で密かにゴングが鳴らされたわけです。

 

 

職場のクソババアと対決!・・・そして鮮やかに勝利!?

知っておきたいババア対策の知識

職場のクソババアに関して確実に言えることは、

・ババアのいじめに悩む時間が勿体ない!

・ババアにはつける薬はない!

と言うこと。

わかっていながら、自分ではどうしようもすることが出来ないんですけどね、わたわたしている人間関係に、ほとほと疲れてしまいました。

・・・でも諦めたら試合終了(トホホ)です。

 

もう二度と、職場のクソババアに悩まされないようにするために!

 

・周りに言っても「大変ね・・・」と同情しかしてもらえない

・仕事はもちろんのこと、家庭にまで影響が出る

・陰鬱とした気持ちから抜け出せない

 

仕事を休業しようか・・・
いやでもお給料がないと生活できない・・・
それにクソババアに負けたみたいでイヤ・・・

お陰様で、散々な日々を送っていました。

週末の家族との時間が楽しければ楽しい程、日曜日の夜になるのが嫌でたまらない・・・

「どうしたらこの悩みが解決される?」

・・・職場のクソババアに嫌味を言われず、気持ち良く仕事をしたい。

 

 

そんな時、眠れなくてたまたまテレビを見て時にしていた占い特集。

「まさか(笑)」と思っていたけれど、そういえば、夫との結婚時期や子どもを授かった時期も、月単位で占いで当ててもらった。

 

「・・・当たるも八卦当たらぬも八卦」軽い気持ちで、占いで解決しようと思いました。

ヴェルニいつもお世話になっている先生に、妖怪クソババアの名前と生年月日を伝え、人物像を把握してもらい、「どうやって対応していけば良いのか」を占ってもらいました。

 

・・・当たってる。当たってるよ!

短い黒髪で、喫煙者で40代半ば、結婚はしてるけど子どもはなし。
仕事に対するプライドは高く、自分にも他人にも厳しい(ただし男には甘い)。

 

 

そんな先生からのアドバイスは、3つ。

 

1.とにかく嫌味にならないように感謝の気持ちを伝える
→寂しがり屋なところがあるから、「あなたは特別です」と特別感を出すと態度が変わる

 

2.ちょっとしたお菓子を「いつもご指導ありがとうございます」とプレゼントしてみる
→ケチなところがあるから、プレゼント攻撃に弱い(ただし、食べ物の好き嫌いが激しいので万人受けしそうな駄菓子にする)

 

3.表には出さず、裏でしっかり根回しをしておく
→上司には状況把握をしてもらうために相談しておくこと(ただし現場の上司止まり。人事や他部署の人には言わない方が吉)

 

・・・あぁ、もっと早く鑑定してもらっとけば良かった。

最初は辛かったですが、アドバイス通りのことを続けて2週間、「・・・あんまり変わらない(涙)」と思っていた矢先の3週間目!!!

 

なんと、職場に新しく2人異動してくることになり、席替え及びチーム替えをすることに!(人事に言わなくてよかった・・・)

 

わたしは妖怪クソババアから離れることが出来たんです。

ブラボー!

 

 

 

ちなみにわたしが鑑定してもらっているのは、電話占いヴェルニの暁先生。

 

占い師歴36年。
占い雑誌も多数出版されていらっしゃったり、TVにも出演されていたり、占い師の講師も務めていらっしゃるので、その評価はお墨付き。

 

ちなみに、今では妖怪クソババアにいじめられて仕事が出来なかったのがウソのように、仕事が楽しいんです・・・
このまま昇給してお給料増えないかな(笑)

 

でも、仕事中目に入るクソババアを見ながら思うんです。

もしあの時、先生に相談していなかったら、今頃どうなっていたのか・・・

「まさか?ねぇ(^^;」なんて思ってあてにしてなかった占いでも、ヴェルニの暁先生のおかげで、職場の人間関係が驚くほど改善されました・・・

 

職場のクソババアや人間関係に悩まれている方は、まず登録してみることをおススメします。
もちろん登録は無料、1分で登録できます。

 

 

 

>>>わたしが利用している電話占いヴェルニはコチラです







記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^