沖縄人男性は毛深いと言う事実。沖縄出身の夫は髭も濃い。ひげに悩む夫をなんとかしたい。

毛深いです。沖縄出身の夫。ヒゲが濃いと悩む夫・・・ヒゲを薄くしてあげたい。

 

男性には男性の、女性には女性の、それぞれ譲れない「気になるところ」があるんだなあ・・・

こんにちは、LEIです。

今朝、洗面所にいる夫から悲鳴が聞こえてきました。

 

「あ゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

 

大きな声だして何事!?と思いましたが、見ると、顔から流血・・・
真っ白いシャツに鮮血がぽたぽた・・・

 

どうやら、髭剃り中に自分の身を切ってしまった様子。
相当痛がってました(そりゃそうか)。

わたしは、髭が濃い男の人って(清潔にしていれば)、貫禄があって、中々渋みが合って好きなんですが・・・

 

本人にしてみれば、「髭」と言うものは迷惑以外の何物でもなく。

「毎朝ひげ剃りたくない!」
「髭なんか生えて来るな!」
「なんで俺の髭は濃いんだ!」

と髭に敵対心むき出しです・・・

 

「じゃあ、脱毛すればいいじゃん」と思うんですけど、「脱毛サロンに行く時間がない」「高い」など、あれこれ理由をつけて渋っています。

実際、男性の脱毛サロンって、どうなんでしょう?

わたしの場合、全身脱毛に(スケジュール的に通うのが難しかったので)、期間約3年、費用数十万円と、時間とお金だけはムダに掛かったイメージです・・・

 

実際に、ご主人が行った方ありますか?

髭に悩む夫・・・なんとかしてあげたい。

 

 

「沖縄人男性は毛深い」って言うのは本当?
沖縄出身の夫、確かに全身の体毛が濃い・・・

 

夫は沖縄出身なんですが、考えてみると、沖縄出身の男性芸能人って、結構毛深い人が多いです。

✔ 具志堅用高さん
✔ 小島よしおさん
✔ ガレッジセールのゴリさん

などなど・・・

最近では、りゅうちぇるさんも、「髭が濃い」のが悩みって告白されてましたね。

夫もまぎれもなく、毛深い。

胸毛はもちろん、お腹、お尻までもれなくふさふさ。

髭は、朝バイバイして夜会うときには、もう口廻り真っ黒。

 

沖縄出身の人は、その独特な地形と気候ゆえ髭が濃い人が多いそうです。
沖縄の方言で、毛深い人のことを「キーマー体質」と言います。

 

 

沖縄の人は何故毛深いのか?考えられる理由3つ。

沖縄出身の人が、毛深い理由は主に3つ。

 

1.離島と言う地理的理由

所説ありますが、これは古代より血の交流が少なく、外部(海外・島外)からの民族や部族との混血が少ない。

 

2.紫外線の強さと気候

沖縄の紫外線量は、本土の約4倍。
紫外線の強さから皮膚を守るために、また高温多湿地域で汗を効率よく排出するために、体毛が濃くて長いと推測。

 

3. 発汗作用

高温多湿、海が近い、つまり海風が強く吹く。
海風の特徴は、塩分を含んでいることから、毛穴に塩分が貯まり、発汗しにくくなる。
それを避けるために、毛根が肥大し、体毛が太くなる傾向にある。

 

・・・確かに、毛穴も大きい。

 

後、個人的に思うのは、夫はお風呂に入りません。
シャワーのみなんです。沖縄って暑いゆえにお風呂に入る(湯舟に浸かる)習慣がないそうで・・・これも、ヒゲを濃ゆくしてる理由の一つじゃないかと・・・(個人的に)思っています。

 

・・・いろいろ書きましたが、何が言いたいかと言うと「髭」で困っている夫の悩みを何とかしてあげたいということ。

うーん。
でも、脱毛に行く時間・・・ないよねえ。

 

 

デキる男は、ヒゲさえもビジネスツールとして利用する。

 

カミソリ会社で有名な(株)PHIRIPSが発表した「ヒゲとビジネスに関する調査」によると、仕事ができる人ほど、ヒゲを清潔に整えて、むしろ「ヒゲ」を立派なビジネスツールとして利用していると言う結果になっていますが・・・

【ヒゲをはやしていて、仕事に支障をきたしたことがありますか】

・支障をきたしたことはない:48.7%
・あまり支障をきたしたことはない:35.7%

【今までにヒゲを生やしていてよかったエピソードはありますか】

・特徴があると顔をおぼえてもらいやすい
・話のネタになる
・ヒゲの話で盛り上がった

など

(株)PHILIPSが外資系企業だからでしょうか?

 

 

そもそも、なんで髭って生えるの?髭が生えるメカニズムが解明できれば、
髭をなくすことはできなくても、髭を薄くすることはできるはず!

ひげについて調べていくうち、以下のようなことがわかりました・・・

・ひげの成分

ケラチンと言うタンパク質の一種。

・ひげの密度

生える場所(口廻り、ほほ、あご)によって異なるものの、
平均して2万から3万

・ひげの生える長さと時間

年齢や気候によりけり、1日に平均して0.2mmから0.4mm生える。
また、朝午前6時から10時ころまでが一番伸びる。
昼間は一番伸びが悪く、夕方になるとまだ伸びて来る。
季節は秋、9月がピークに下がり、2月の冬が最低。

・ひげと体調の関係

ひげの成長は、体調によっても異なる。
栄養不足や運動不足のときは、伸びが早くなる。
逆に健康で日光のもとでスポーツをしていると、ひげの伸びが抑えられる。

健康な人ほど、ひげに艶がある・・・んでしょうか。

 

沖縄出身とはいえ、大学生から本土に出てきて10年。
10年前に比べて、日々浴びている紫外線も弱くなっているし、海風にも当たらなくなっているし、細胞的にも、少しヒゲを薄くする環境が出来つつあるのでは・・・?

だったら、ヒゲの成長を遅らせたり、ヒゲが嫌がるようなこと(?)をすれば、ヒゲも元気を失って、夫の「ヒゲ」に関する悩みも少なからず払拭できるはず!

 

そこで、わたしが目を付けたのは、「ひげと体調の関係」

時間は掛かりそうですが、やってみる価値はありそうです。

 

 

沖縄出身の毛深い夫・・・「夫のヒゲを薄くする活動」始めました。

 

と言うわけで、ひげが最も活発に生え出す9月を前にして、「夫のヒゲを薄くする」活動を始めました。
よくよく考えてみると、女性の悩みと同じなんですよね。

男性が「ヒゲを薄くしたい」と悩んでいるのであれば、女性は「肌をきれいにしたい」と悩むのと同じように。

だったら、身体の内側と外側、両方からじわじわと攻めていく必要がある!

人の体質って、そう簡単に変わらないけど、日常生活から意識して行動するのとしないのとでは、結果は大きく異なってきます。

時間が掛かるのは承知。
(手っ取り早くヒゲの悩みを解決したいなら、やっぱり脱毛に行くのが一番です。・・・でも我が家にそんな余裕はない)

 

3ヵ月くらいをめどに、期間限定で活動しています。

活動内容は以下の通り。

 

1.食生活を気を付ける

▶野菜を中心に食べる

野菜を中心に食べると言っても、むやみやたらと食べるのではなく、
アルカリ性の食べ物を食べることに意味がある。

アルカリ性や酸性と聞くと、学校で習ったpH(ペーハー)を連想しますが・・・
食品においては、アルカリ性食品か酸性食品かの判定は食品そのもののpHではなく、食品に含まれる「ミネラル」が酸性かアルカリ性かで判断します。
主に『酸性』を示すミネラルは、塩素、リン、硫黄など、
『アルカリ性』を示すミネラルは、 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど。

母乳の出を良くする際に、「まごわやさしい」って習いましたが、ここでも役立ちそうですね。
(「さ」は魚だから、すこし控えめに・・・)
・ま:まめ類(納豆・大豆・豆腐・あずきなど)
・ご:ごま類(ごま・くるみ・ピーナツなど)
・わ:わかめ類(ひじき・わかめ・のりなど)
・や:野菜類(ほうれんそう・トマト・白菜・もやしなどなど)
・さ:さかな
・し:しいたけ類(しめじ・まいたけ・エリンギなど)
・い:いも類(じゃがいも・さつまいも・里芋など)

 

2.男性ホルモンを刺激しすぎない

▶現状、今の生活では運動不足は免れない・・・
男性が男性ホルモンを抑制してしまうと、いろいろと不都合が起こりそうな気がするのはわたしだけでしょうか。

なので男性ホルモンが分泌されるのを抑制するというよりも、
男性ホルモン<女性ホルモン、つまり女性ホルモンが多く分泌されることに着目します。

例えば、

・ 身体を冷やさない
・ 規則正しい生活(早寝早起き)を心がける
・ 「きれい」「かわいい」ものに触れる

など。
女性っぽい生活習慣にすれば良さそうです・・・

男性が母乳を出せたら、一気にヒゲは薄くなりそうですね(^^;

 

3.抑毛剤を使う

▶身体を内側から変えていくのも必要だけど、外側からも変えていく必要がある。

女性で言うと、
この抑毛剤に入っている大豆種子成分。
成分としてイソフラボン、サポニン、アミノ酸などを含んでいます。
イソフラボンと言えば、↑のヒゲを薄くする食べ物に効果的なものでもお伝えしましたが、
男性ホルモンの活性化を抑制、つまりヒゲの抑毛に効果的。
豆腐を適度に食べることで、身体の外側と内側からヒゲの抑毛に働きかけていく!

クズ根エキス、有名どころでは「葛根湯」に使われている成分と同じ。
つまり、発汗作用、抗菌作用が期待できます。
そして、コラーゲン生生促進作用が認められているため、保湿や美肌にも効果があります。

ザクロエキス、これは最強ですね。
ザクロは、ホルモンバランスを整えるのに最適な食べ物として、その成分は妊活でも注目されています。
「エストロゲン」女性ホルモンのバランスを整えてくれます。
「エラグ酸」体内の活性酵素を除去して体が酸化することを防ぎます。
「クエン酸」疲労回復効果があり、ストレス軽減効果も期待できます。

これらの成分を見ていると、ヒゲを薄くすると言う行為は、名実ともに、
身体の内側からも外側からも「女性ホルモン」がたくさんつくられる体に変化させることが大事と言うことがわかります。

30代、ヒゲの濃いおじさんがやるとなかなかに「イタイ」行動がありそうなのが本音ですが・・・
まずは3日、続いて3週刊。最終3ヵ月と、少し挑戦してみたいと思います。

結果は、追って報告します!
少しでも夫のヒゲが薄くなりますように(祈)
3か月様子を見て、少しの変化もなく、金銭的に余裕があればその時は脱毛サロンを・・・考えます。







記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^