ワークデザインママ:産後の対策

ワークデザインママ:産後対策

の新しい母親にとって、回復への道のりは難しいかもしれません。これはあなたの世界が変化し、あなたが別の人生の世話をする責任がある瞬間です。 

あなたはきっとあなたの新しい子供への愛と幸福に圧倒されるでしょうが、それでもあなた自身の世話をすることは重要です。出産後に自分の世話をしないと、子供や周りの人にも影響を及ぼします。 

回復とあなたとあなたの新しい赤ちゃんの幸福に焦点を当てることは最優先事項です。そうでなければ、これは産後うつ病のような問題につながる可能性があり、それは一部の新しい母親にとって深刻になる可能性があります。 

赤ちゃんを出産した後、次の6週間はお母さんの回復期間と見なされます。特に帝王切開をしなければならない場合や、出産に他の合併症があった場合は、出産するのは非常に困難です。 

詳細については、産後のご覧ください 

  1. 注意事項を。体の変化に備えてください。
    女性の体は不思議なものです。それは子供の世話をするのに十分大きくなることができ、またそれを世界に持ち出すのに十分強くなることができます。出産後6週間で体が変化します。 

これには、乳房の拡大、排尿時の痛み、分泌物、筋肉痛などがあります。これはしばらくの間完全に正常ですが、変化を観察し、医師にすべてを伝えることを忘れないでください。 

  1. 眠れない夜が待っています。
    特に新生児の世話をするときは、睡眠が少なくなることが期待されます。赤ちゃんに食事を与え、おむつを交換するには、数時間ごとに目を覚ます必要があります。十分な休息をとるためにパートナーと交代することもできますが、日中であっても、時々ウィンクを数回受けるようにしてください。 
  2. 好きなことをして自分を楽しませる
    産後うつ病は、1年に何千人もの新しい母親が苦しむものです。それは必ずしもあなたの子供との関係についてではありませんが、リスクは現実的です。 

だからこそ、自分自身にも気を配り、幸せになるようなことをすることが重要です。映画を見ているときでも、お気に入りの雑誌を読んでいるときでも、セルフケアは必須です。 

ワークデザインママについてワークデザインママ

の一番の魅力は、全国の人々が家族やライフスタイルの目標を達成できるよう支援することを使命としていることです。当社のウェブサイトにアクセスすると、そこにリストされているブログや情報を閲覧して、修正を得ることができます。 

家族、結婚、子育て、ローンなどに基づいたコンテンツを読むことができます。日本の家族やライフスタイルについてもっと知りたい方は、お気軽にメッセージを送ってください。ご質問やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Copyright2021 Work-Design@Mama.All Rights Reserved.