産休中にやること10選。産休の過ごし方で産後の生活は激変する。

産休中にやること10選。「産休って暇」な暇つぶし方法。
産後の生活を楽にする、産休の過ごし方。

こんにちは、LEIです。

ついに産休・・・
いろいろあったけど、ここまでめっちゃ頑張ったわたし。
やったー!

と、両手万歳で喜んだのも束の間。

数日後。

 

妊婦ってめっちゃ暇・・・

産休って何すれば良いの・・・

産休中にやるべきことがわからへん・・・

 

( ゚д゚)ポカーン

「産休に入ったら・・・!」ってあんなに楽しみにしてたのに、時間だけがたっぷりある状態で、色々なことから急に解放された分、孤独感が半端ない・・・

だらだら時間を持て余すようなことはしたくないのに、でも、何をしたら良いのかわからない。

 

これは産休に入って3日目のわたし(失笑)

 

でも、意外とそこんな方、多いのではないでしょうか。

このページでは、わたしが産休(育休中)にやっておいて(やっとけば)よかった!と言うことをまとめてみました。

有意義な産休になるだけでなく、産後の生活が本当に楽になるので、是非試してみてください。

題して「究極の産休暇つぶし方法」それでは、いってみましょう!

 

 

産休中にやるべき産後に向けた体調管理

産後に向けて体調回復を早める

何はともあれ、無事に出産した後、家族にとって一番大事なのは「ママの身体」
ママが不調だと、一気に地獄絵図と化します。

ママが不調→母乳の出が悪い(身体がつらい)→赤ちゃんの機嫌が悪くてグズグズ→ただでさえ心身共に辛いのに・・・→誰かマジで助けて(号泣)→この無限ループ

 

でも、産前から産後に向けて、産後の回復を早めることって可能です。

産前から準備しておくことで、産後の身体がかなり楽になります。
そんなママの体調管理についてお話ししています。

産前から取っておきたい栄養素。10人中1人が産後に不安や負担を感じると言うママの実態。

 

 

安産のための散歩は保活も兼ね備えるのが吉

臨月近くになると、「安産のためにたくさん歩きなさい」って指導される人も居るのではないでしょうか(わたしもその一人・・・これ以上体重増やさないためにも「たくさん歩いて」と言われました)?

いやでも、「たくさん歩いて」って言われても・・・いざ言われると、「どこを散歩すれば?」となりませんか?

ウィンドーショッピングで、産後に切る洋服探しをしても良いけど試着出来ないし、
ベビーグッズを見てテンション上げるのも良いけど、見れば見るほど「これ・・・要る?」って余計に疑問がわく。

 

特に里帰りする人の場合、次自宅に戻ってくるときは、小さな赤ちゃんと一緒。
嬉しい反面、中々自由に動き回ることが出来なくなります。

だったら、「散歩する時間」は保活をはじめ、「赤ちゃんと生活するための町散策」をしてみませんか?

同じ時間と体力を使って散歩するなら、きちんとを目的を持って散歩するのが吉。
意外な盲点が見つかったりするので、一石二鳥です。

安産のためにウォーキング!産後ために、産前に散歩しておきたい5つの場所。

 

 

産後の生活を楽にする家事負担対策

産後の生活を楽にするには、産休にコレをやるかやらないか

産後家事を頑張りすぎて、「産後うつ」になるママは経産婦の10人に1人(わたしもそのうちの一人・・・)。

産後は、優先順位をつけて最低限の家事だけこなしておきたいところ(その分、自由な時間が増えて身体が休められて気持ちが楽になります)

 

掃除・洗濯・料理・・・と家事にもいろいろありますが、身体の回復や母乳育児のためにわたしが最優先させたのは、「食べること(料理)」。これ本当に大事です。

掃除・洗濯は、仕事から帰ってきて夫に頼むこともできます。

でも、日中赤ちゃんと居るなら「食べること(料理)」は欠かせません。

 

何故なら、「食べること」は産後の身体の回復具合や、母乳の出も変わって来るのは当然のこと、やっぱり食べることで得られる「満腹感」で精神的な安定感が変わってきます(お腹が満たされることで、リラックスもできますし、きちんと眠くなったり、イライラしなくなることで赤ちゃんへの接し方まで変わってきます)。

 

とは言うものの、慣れない育児に、慣れない子育て。

どれだけ「料理だけでも!」と思っても、赤ちゃんのお世話に追われて、疲れて料理が出来なかったり、そもそもで買い物にすら行けずに冷蔵庫が空っぽ、なんて状態に陥って自己嫌悪。

訳のわからない負のスパイラルに陥ることも・・・

 

生活が一変する産後を迎える前、産前の今だからこそ、家事の時間短縮術を身につけて対策をしておくことって大事です。

産後の生活が本当に楽になります。

産後は買い物に行けないから、料理が出来ない。産前からしておきたい産後の食事難民対策。

 

里帰り後は家事も育児も一人でするの?「家事の出来る夫」は産前から育てておく

自慢じゃないですが、我が家の夫はまーーーーーーーーーーー!ったく家事ができませんでした。

「目玉焼きってどうやって焼くの?」レベル(驚愕)

そんな夫を戦力にするべく頑張ったのが、「産休中の夫の家事教育」(子育てと夫の家事教育って、意外と共通点が多いです)

今では洗濯に関する一切のことは仕切ってくれるまでに、成長してくれました。
ありがたや・・・

 

「家事の出来る夫」って言うのは、本当に心強いです。

産前から家事をしてくれる夫に育てる3つのポイント。夫の家事教育は産休中から。

 

 

家事代行サービスを利用するのもありだと思う

もともと里帰り出産はしたくない派だったわたし。

里帰り出産したのもつかの間、わたしは産後2週間足らずで自宅に戻ってきました。

家事育児、全部ひとりでするの?と不安で不安でたまりませんでしたが、こんなこともあろうかと思い、事前にきっちり、家事代行サービスを体験してその良さは把握済。

 

子育てをする上で一番大事なのは、「ママが幸せでいること」

多少のお金を払ってでも、身体が休まってほっとできるなら、家族にとってもそれが良い選択になります。

 

「産前・産後のママ専用パック」なんて家事代行サービス各社は産前産後のママに特化したプランをつくるくらい、ママって大変なんですもん。

野村総合研究所が20~39歳の女性を対象に実施した「家庭生活サポートサービス」に関するアンケートによると、67%の人が利用経験ありって応えてるんですもん。

 

時間と精神的なゆとりをお金で解決するのも、ありだと思います。

産後の手伝いが心配なママへ。産前に知っておきたい家事代行サービスの内容。

 

 

 

産休の過ごし方激変?子育てに掛かるお金

子育て費用については、産休中から考えておきたい

妊娠・出産によって、女性の人生が大きく変わるのは当然のこと、それに伴って、あなたを取り巻く家族の人生も大きく変わります。

夫婦二人暮らしから、ママになったことで生まれる責任感。
子どもって可愛がるだけじゃ、ダメなんですよね・・・

・教育費はどれくらいかかる?

・いざというときの医療費は?

・パパ・ママに万が一のことがあったとき、この子にどれだけ遺してあげられる?

などなど・・・

 

特に二人目を考えているなら、なおのこと家族のライフプランはしっかり考えておかないと、教育費用破産なんてなりかねません。

家族が増えることで、ライフプランも大きく変わります。

わたしは、ファイナンシャルプランナーの実技問題で出題された「7つの項目」を元に、実際に自分の家族に当てはめて考えてみました。

「お金」のことは、産前の時間がある今だからこそ、ゆっくり・しっかり考えておきましょう。

家族のライフプランと子育てに掛かる費用、産前から考えておきたい7つのこと。

 

ちなみに、「子どもって乳幼児医療保険があるから」なんて考えてると万が一のことが起こったとき、いきなりMIUMIUのお財布が買えるくらいに諭吉さまが出て行かれる・・・なんて痛い目に遭います(号泣)

うちの子は3歳で全身麻酔を要する手術が必要となり、2泊3日の入院をしたとき、強制的に個室入院を強いられました。

赤ちゃんや子どもに医療保険って必要?子供の医療保険の必要性は産前から考えたい。

 

 

【番外編】

1.産休・育休中の住宅ローン

ブログを読んでくださる方の中には、産休・育休中に住宅ローンを組む人も中にはいらっしゃるでしょうか。

最近すごく増えていて、友人たちからも「産休・育休中に住宅ローンって・・・どうなの?」と相談を受けます。

個人的には正直、「うーん(^^;」おすすめはできないかな・・・と言いたいところですが、金融機関によってはマイナス金利の今、「貸出先」を見つけているのでお得に借りられる場合もあります。

そこで、金融機関が視ているポイントや注意したいことについて書いてみました。

可能です。産休・育休中の住宅ローン。産休・育休中の住宅ローン審査、金融機関はここを視ている。

結構ぶっちゃけたことも書いてあるので、こっそり読んでみてください(失笑)

 

2.産休・育休中のお小遣い

これも余談ですが・・・
産休・育休中って育児休業給付金がもらえますよね。

でも、我が家のお金の実権は夫にあるので、わたしは自分で自由に使えるお金、お小遣いが欲しかった。
(厳しくはないものの、「〇〇欲しいんだけど、買っていいかな?」と一声掛ける感じ)

かといって、株や仮想通過などはリスクが高い(そして元金もない)。

そんなわたしは、リスクを一切負わず、日常にひと手間かけることでチャリンチャリンと日銭を増やしたりもしていました。

・・・仕事復帰した今でも、手軽さと便利さから、やめられないでチャリンチャリンしています。

産休中・育休中のお小遣いを月3,000円増やす必殺技。所要時間約3分。

 

 

産休・育休中、落ち着いたらチャレンジ!時間管理

時間管理をすることは、自分を管理すること

産後半年すると、赤ちゃんの体内リズムもだいぶん落ち着いてくるので、生活のリズムが整ってきます。

「あ、もうこんな時間。そろそろ寝んねかな?」
「もうお昼だから、ごはん食作って食べようね」など、赤ちゃんもこちらの言わんとしていることが分かる時期。

 

少しずつ毎日の隙間時間で自分の時間が持てるようになって来ます。

そうすると「この育休、もっと有意義に過ごしたい!」と欲が出てくるようになります。

 

「子どもの寝てる時間、自分の好きなことが出来るけど、もっと有効活用したい・・・でも、コマ切れの隙間時間で家に居て手軽に出来ることってなに?出来ることなら、子どもにも自分のためになる、それでいて仕事復帰にも役立つような過ごし方をしたい」

 

わたしは子ども出産・育児でなまってしまった自分の頭と身体を、少しずつ社会復帰に向けて慣らしていく意味も込めて、資格取得にチャレンジしました。

 

まずは「資格取得!」と意気込まず、子どもにも自分にも負担が掛からない時間管理をすることから始め、計画的に物事をすすめられる環境づくりを意識し、少しづつ仕事復帰も視野に入れ「〇〇の資格取得!」と目標を立てました。

おかげさまで、産休・育休中にAFPと簿記2級を取得。

 

時間管理でなまった身体が引き締め、有意義な産休・育休になるだけでなく「わたしやれば出来る!」と言う、社会復帰後の自信もつきました。

産休・育休中に資格を取得したい。おすすめの資格5つ。産休・育休中に資格を取得するママ増えてます!

 

 

 

まとめ:有意義な産休の過ごし方をするために

と言うことで、産休中の過ごし方についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

わたしは産休に入って4日目で、廃人と化しました。

顔も洗わず、着替えもせず、だらだらとテレビを見たり、スマホをいじったり・・・

それまで仕事で忙しくしてたのが急に暇になり、職場でいろんな人と話してたのが夫だけになり、1日の移動距離、ベッド→ソファ→おトイレ、だけ。

・・・まさに廃人。

産休中は「それまで頑張って仕事をしていたから、少しくらい良いでしょ」と言い訳をしてしまって、ついだらだら過ごしてしまいがちになります。

育休中も「子育て頑張ってるんだから、これくらい勘弁してよ」と(以下略)・・・
でも、それを有意義に過ごすかどうかは、あなた次第。

 

わたしは、「あぁ、産休・育休中のあの時にやっときゃよかった・・・」「もっと産休・育休、楽しめばよかった・・・」なんて絶対言いたくなかったので、脱・廃人生活を決めました(生まれて来る子どもにも、なんだか申し訳ない気がして(^^;))

 

産休・育休の期間は限られています(気づけばアッと言う間!)。

そしてこれだけ自由時間が与えられる機会と言うのも、滅多にありません。

だからこそ、常に一歩先のことを考えた時間の使い方をして、産休(育休)期間、をめいっぱい有意義に楽しんでみてください。

 

きっと掛けがえのない産休・育休になるはずです。

 

あなたと赤ちゃんと家族が、元気で幸せに毎日を過ごせること陰ながら応援しています^^







記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^