産後は買い物に行けないから、料理が出来ない。産前からしておきたい産後の食事難民対策。

産後、料理が出来ない悲劇・・・対策は産前からしておきたい。

こんにちは!LEIです。

産前から準備しておきたい!産後の生活をより良いものにする企画。
産前準備シリーズ第8段。

今日は、産後の食事作りをとにかく楽にしてくれる、神がかったサービス、食材の宅配サービスについてお話します。

 

わたしは産後10日ほどで自宅に戻って来てから、家事、子育て、すべて自分でしなきゃいけなかったんですが・・・この食材の宅配サービス、産後の生活をとにかく楽にしてくれます。

 

 

「いや、そんな必要ないし」と「今」は思っているかもしれませんが、「その時」はいきなりやってくるんですよ・・・本当に。

 

産後の不自由さをなめたらアカン。。。

 

 

産後なんて、手抜き料理で良いし~」なんて簡単に考えてると痛い目に遭うんですよ、これが。

・・・だって、買い物すらろくにいけないんだから!!!

・・・だって、母乳の出にダイレクトにかかわってくるんだから!!!

 

 

産後の食事は作り置きでOK!・・・いや、それ作るのが大変じゃない?

「産後、食事作るのが大変だよ」って誰も教えてくれへんかったやん!

(株)マクロミルが行った「料理と夫婦関係に関する調査」にある「料理が得意か、苦手か」と言う項目において、
30代の女性は54.3%が「苦手」と応えているデータがあります・・・

単純に計算して、女性の2人に1人が料理が苦手らしいので、これを読んでくれてる人の中にも「わたしもー!」と言う・・・人が居てくれると、個人的にむちゃくちゃ嬉しいです(苦笑)

ちなみに、料理が苦手な理由は、

1.めんどうくさい

2.ずっと同じで飽きる

3.メニューを考えるのが大変

 

とのこと。

・・・わかりますよ、この理由。

でもね、産前である産休中には時間があるので、ゆっくり作ってゆっくり食べられる故、「わたし、料理好きかも?!」と勘違い甚だしい状況に陥るんです。

 

だから、産後の食事も作り置きして、冷凍庫にしまえば良いや(名案)!と思うのですが・・・

 

 

現実はそう甘くはない。そんなうまく出来るハズがない。

 

子どもが生まれてからは、毎日のご飯づくりは中々重労働と化しました。

 

一言に「ご飯を作って食べる」と言っても、献立(メニュー)を考えて→買い物に行って→下ごしらえをして(野菜の皮をむく等)→調理して(煮る・焼く・味付ける)→食べて→食後の後片付け、って言う一連の流れ。

献立を考えるまでは良いんですが、好きな時に買い物に行けなくなるんです。

 

わたしの場合、完全母乳育児で昼夜関係なく授乳をしていたので、授乳育児が軌道に乗る、授乳回数が落ち着く産後3ヵ月頃までは、授乳→お腹すく→何か食べる→授乳→お腹すく→何か食べるの無限ループ。

 

時間があれば、身体を休めたい、眠りたい(横になりたい)、それでいて母乳を出したいから、お腹が満たされた状態でありたい(授乳中ってびっくりするくらい、お腹がすくんですよ・・・白米3杯とかふつう)

・・・でも気づけば食材も何もない。

 

・・・そうなんです。

意外にも大変なのが買い物。
小さな赤ちゃんを連れての買い物って、結構大変なんです(わたしだけ?)!

いやでも、産後あんなに生活が大変になるなんて、誰も教えてくれへんかったやん(誰か教えてくれよ)!?

 

母乳育児をしていたこともあって、「食べ物」には出来る限りで気をつけていました。

・ママの食べたものが母乳にダイレクトに反映される

・糖質・脂質の多いものを食べるとおっぱいが張る

など理由があるので。

 

でも、赤ちゃんが泣きだすと、料理中断で赤ちゃんの世話、ゆっくり食事をする時間もなく後片付けも面倒くさい、食材がムダになることも多々。

 

そして・・・

食べたいときに食べられない。
買い物行きたいときに買い物に行けない。

→イライラ

 

一時は開き直って、「和食ならなんでもいい!」と、1日3食焼き魚にお味噌汁としていましたが、3日も持たずに飽きました。

夫にも申し訳なかった。
仕事疲れて帰って来たのに、ごはんは味噌汁と焼き魚・・・

 

・・・あぁもう。
要領良く、短時間で上手に料理が出来るようになりたい。

 

そもそも、産後は身体を休めるのが優先じゃないの?
産後料理ってする必要あるの?しなあかんの?

 

ぐずる子どもをおんぶして、夜ご飯を作りながらふと思ったんです。

「誰か変わりに料理してくれへんかなー」

「贅沢は言わへんから、買い物行って、下ごしらえくらいしてくれへんかなー」(十分贅沢)と・・・

 

って言うか、なんで産後のボロボロの身体に鞭打ってまで料理をせなあかん?いやでもそもそも、みんな言うやん?「産後はゆっくり身体を休めてね」って。

 

・・・じゃあ、身体を休めるのを優先して、別に料理なんてしなくても良くない?

 

「・・・なんちゅう母親」って思われるかもしれませんが、でもね意外とわたしの様な人って多いんですよ。

 

旭化成ホームプロダクツ(株)が行ったアンケート調査「自炊の頻度を増やすための条件」では、

 

1.調理が手軽・・・49%

2.時間が掛からない・・・40%

3.料理が苦手でもつくれる・・・25%

 

と言うデータがあるんです(そしてそのアンケートの総括には、「あまり自分で夕食を作る習慣がない女性も、「手軽」かつ「簡単」にできれば、自分で夕食を作る頻度を増やすことができ そうだと感じているようです」と記載されています)。

 

「調理」って、野菜の皮をむいたり、野菜を切ったり、食材を焼いたり、煮たり、味付けしたり・・・あぁ、面倒くさい(涙)

 

大体日本人って、食事に手間暇掛けすぎなんですよ(それが愛情なのか?)。その手間省きましょうよ。

 

だって、それが原因でイライラしてたら、子どもにもわたしにも、家族にも良くないやん(しかも、このアンケート産後のママを対象に行ったものじゃあない)。

産後のママは、子育てしながら、家事しながら・・・って、とにかく大変なのよ。
特に生後3ヶ月内は自分の身体も思うように動かない(いやマジで)し。

 

で、それで体調を崩した日には、もう、母乳の出は悪くなるから、子どもはぐずるし(でも薬は飲めないから自力で治すしかないし)、かといって自分の体調も良くないから、負のスパイラルに陥るし。

ヘルプして欲しくても、まわりに頼れる人居ないし。

 

・・・THE 地獄絵図。

 

産後、料理が出来ないって普通のことでしょ。

いいやもう、死なない程度に食べるくらいで。

 

 

そんな時に、ふと思い出したんです。

・・・実家、COOP使ってたわ。

 

 

産後料理したくないなら、しなくていい!
まずは身体を休めることが大事。

・・・わたしはやっぱり産後3ヶ月は、家事なんてせずに身体を休めることが大事だと思うんです。

「これをしなきゃ、死ぬ」って言うこと以外は。
だから、多少料理なんてしなくても良いや、と開き直りました。

・・・実家のCOOPに乗っかる作戦。

 

わたしは食材の宅配サービスを使うことに決めました。

 

宅配サービスを利用するメリット5つ

1.買い物に行く手間が省ける。

2.献立を考える時間が省ける。

3.食材が無駄にならない。

4.とにかく調理が簡単!

5.後片付けが楽ちん。

 

これって本当にありがたいんですよ・・・わたしの様に悩まされないためにも、妊娠中から試しておきたい。

 

 

食材の宅配サービスってよく聞くけど、どこがおすすめなの?

読んで字のごとく「食材」を自宅まで運んでくれるサービスが、「食材の宅配サービス」。

一番有名どころは、わたしの実家も利用している生協(COOP)でしょうか。

ただわたしの実家はCOOPを利用していたんですが、COOPって毎回「積立費」って数百円(退会すると返ってくるらしいですが)徴収されるんですよね・・・あれがの意味がいまいちわからない。

 

「食材」へのこだわり基準等はかなり高いので、その点は安心だったんですが。・・・

 

その点、わたしは配達の自由度も欲しかったので、【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】
を選びました。

 

 

授乳中の自分のごはんを考える時とか、やっぱり母親の食べたものを通して赤ちゃんの体内に入る・・・って言うことを考えたら、添加物とかいろいろ気になりましたし、栄養分にも敏感でした。

 

でも、自分で料理するよりバランスの考えてある栄養士さん監修のレシピですし、食材も目利きのプロが厳選したものだから安心出来ました(後で知ったんですけど、ママたちの間では結構有名なんですね。朝日新聞やVERYに載ってたり・・・)。

スマホで寝ながらでも、授乳しながらでも、簡単に注文できるのが有り難かった・・・

 

 

我が家はoisix。食材キットを使って食事を作っています。

ちなみに今日も我が家は【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】を使ったごはんでした。

はー、らくちん。

子どもも、「ママ、ごはん良いね」と食べてくれるし、仕事から帰って来た夫も、「ママ、いつもご飯ありがとう」と・・・(涙)

 

oisixの食材キットだけどね!

でも、野菜は〇〇さんの作った野菜って記載されてて安心だしね!

それに、栄養士さん監修&身体に優しい無添加・合成保存・着色料の使用も制限してあるからね!

 

 

・・・kit oisixを使ってなかったら、食事に余裕なんてできなくて、どうなってたんだろう?と思います。

 

産前、わたしも産後の食事に関して無関心でしたが、kit oisixに本当に助けられました。

包丁とまな板をほとんど使わずに出来るので、里帰り中の旦那さんの食事が心配な人でも安心(^^;

 

産後のバタバタした生活を見越し、食事難民対策の一つとして、まずはお試しセットから始めてみるのをおすすめします。

お試しセットは↓のように、食材セットと旬の野菜・果物が入って\1,980(送料無料)。内容てんこ盛りです。

 

>>>【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】を試してみる







記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^