簿記3級に合格する!簿記初心者が独学で合格するための勉強方法。

簿記初心者におすすめ。1ヶ月半の独学で簿記3級に合格した、わたしの勉強方法。

こんにちは!LEIです。

最近、仕事で確定申告書や決算書を読む機会が増え、頭の中が数字でいっぱいなわたしです・・・

と同時に痛感したのが、「簿記の知識持ってて良かった・・・」と言うこと(涙)

本当に、資格(とそれに伴う知識)は、いつ、どこで何がどんなふうに役立つのかわかりませんね。

わたしが簿記3級の資格を取得したのは、約5年前。
働きながら、知識ゼロから始めた初心者でしたが、約1ヵ月半の勉強で簿記3級に合格しました(産休・育休中にステップアップで簿記2級も取得)

11月にもまた簿記の試験がありますが、勉強時間と勉強方法によっては、まだド短期ド集中で合格できる可能性はあります!

働きながら・・・
初心者だけど・・・
そもそも簿記が・・・

簿記の資格を目指しているけれど、ちょっと不安・・・な人の参考になれば嬉しいです。

 

 

簿記とは・・・何ぞや?

簿記、英語で言うとbookkeeping.
book=帳簿、keep=記録をつける。

つまり、企業が行う経済活動を取引として会計帳簿に記録する行為をのことを言います。
簡単に言うと、「会社のお金(収入や支出など)やもの(商品や在庫など)の出入りを記録し、経営が健全かどうかを判断する」ことです。

 

 

わたしが簿記3級を取得しようと思った理由。

・・・簿記3級が欲しいと言うよりも、最終的に簿記2級を取得したいと考えていました。

2級を持っていれば、履歴書にも書けますし、一般的な会計知識が身に就くことで、一社会人として自信が持てると思いました。

恥ずかしい話ですが、金融関係の仕事をしていても、財務データが読める女子社員なんて、周りを見てもほとんどいないんです。

それに決算書を読みこなすことが出来れば、自分自身の視野も広くなるほか、企業や経済に対する「お金の巡り」に関しての理解が深まります。

 

実際、大手の資格取得塾などでは、「簿記2級の知識はもはや一般常識」と謳っています。

最近では、簿記資格を取得していると、大学入試で優遇されることもあるそうで高校生でも受験しているみたいですもんね・・・

若い者にはまだまだ負けられない(何者)!

 

 

簿記の資格、難易度はどれくらい?簿記初心者の勉強方法は?

簿記の難易度(合格率)は、3割から5割。

簿記3級と言うのは、簿記の「基本」。
「簿記とは何か?」「何故簿記が必要なのか?」と言う概念をはじめ、「帳簿の書き方やルール」を学びます。

会計の知識がまったくないわたしからすれば、簿記3級は中々にハードルが高かったです(^^;
「1ヵ月勉強すれば、誰でも合格できる!」なんて言われてるみたいですが、
・・・どの口がそんなこと言うとんねん。って突っ込みたくなります。

受験者数 実受験者数 合格者数 合格率
146(H29.6.11) 102,077名 80,227名 40,880名 50.9%
145(H29.2.26) 105,356名 80,832名 38,289名 47.4%
144(H28.11.20) 120,096名 94,411名 42,558名 45.1%
143(H28.6.12) 106,558名 83,915名 28,705名 34.2%
142(H28.2.28) 114,940名 89,012名 23,701名 26.6%
141(H27.11.15) 107,928名 84,708名 22,094名 26.1%
140(H27.6.14) 102,252名 79,467名 41,910名 52.7%
139(H27.2.22) 102,450名 79,460名 42,990名 54.1%
138(H26.11.16) 110,602名 86,659名 33,363名 38.5%

※商工会議所の検定試験より引用

過去3年分のデータを見てみると、合格率は、低いときで26.1%、高いときで50.9%とばらつきがあります。
運も実力のうちでしょうが、「誰でも合格できるから」とは思わず、しっかりと勉強して挑むのが望ましいです。

 

 

自分に合う効率的な勉強方法を見つける。わたしの場合は「短期集中・繰り返し型」

わたしは知識全くなしの状態から始めたので、とにかく始めは会計用語を理解するのに時間が掛かりました。
(最初は馴染むのに苦労したんですが、毎日毎日、繰り返し同じ言葉を目にしていると、そのうちに慣れてきて、ある日ふっと問題がわかる瞬間が来ます・・・かなり快感(笑))

 

わたしが使用したテキストはコチラ。
値段1,026円。


スッキリわかる日商簿記3級

挿絵があって、簿記って何ぞや?と簿記が初めての人にもわかるように、とにかくわかりやすく書かれています。

通勤時間が約1時間あったので、その間は問題集を読み込み・・・
家に帰って時間を見つけて、演習問題を解く。

 

通勤時間を合わせると、平日は1日2-3時間程は勉強をしました。
結婚する前で時間だけは余裕があったので、休日は5-6時間くらい、半日簿記の勉強に費やしました。

 

約2ヵ月前から勉強を始めたので、休日8日、平日22日、

・8日×5時間=40時間

・22日×2時間=44時間

最低84時間は勉強をしています。

 

簿記3級に合格するための勉強時間は一般的に50-100時間と言われているので、妥当な勉強時間だと思います。

 

まとめると・・・

1.テキストを2回ほど読み込む。

2.問題演習をする。

3.間違えたところを復習する。

4.2週間ほど前から、過去問を解きまくる

となります。

簿記は習うより慣れろ(わたしは、手を動かして身体で理解する方が性格に合ってたので、2.3をとにかく繰り返しました)

 

そして最低でも試験1週間前からは、ひたすら過去問を解いていきます。

この過去問をする時は、試験同様に時間を計りながらやってください。

簿記3級の試験時間は2時間で余裕が持てそうな感じがしますが、中々のボリュームです。

 

時間が足りなくても、焦らない。
解けない・わからない問題があっても当然と、あきらめも必要です。

これを試験前に自分で試しておきます(実際やっておいても、試験になったら結構テンパって焦ってしまうもの(^^;)

 

 

簿記3級の試験に合格したその後・・・

こうしてなんとか無事に簿記3級に合格できたわたしですが、目標はここじゃない。

「簿記2級」が最終目標。

と言うことで、わたしはこの後簿記2級取得に向けて、再び簿記と親しくしようと思うのですが・・・

この簿記3級の試験を受けてから、数年経って簿記2級にチャレンジしているので、簿記の内容をほとんど忘れてまた一からやり直し状態に(!)

 

簿記2級へのステップアップを考えてる方は、簿記3級に合格した後、内容を忘れないためにすぐに2級にチャレンジすることをおススメします(涙)







記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^